【アズールレーン】装備の入手方法や残しておきたい装備、廃棄すべき装備についてまとめてみた!

スポンサーリンク

このページでは、アズールレーンで存在する数多ある「装備の入手方法」や「残しておきたい装備&廃棄すべき装備」を解説しています。

装備の中には低レアリティだったとしても残しておきたい装備や、高レアリティだったとしても利便性に掛ける装備があり、どの装備は廃棄しても良いのか分からないという場合の参考にどうぞ。

 

アズールレーン装備の入手方法

装備の入手方法は現在のところ主に3つ存在しており、主な入手方法以外としては1つ存在しています。

 

装備箱から入手

装備の主な入手方法の1つは、装備箱を開封し入手することになります。

装備箱は海域ドロップ、水曜日、土曜日、日曜日の毎日任務、ショップ、イベント等様々な場面で入手することが可能となっているので、最も装備を入手出来る機会が多い方法と言えるでしょう。

 

戦闘クリア時の設計図から入手

ステージをクリアすることで設計図を入手することができ、同じ装備の設計図を一定数集めることで集めた設計図と同じ装備を入手することが出来ます。

装備箱とは異なり、最終的には必ず目的の装備を入手出来る方法と言えます。

しかし、☆4となる紫設計図はともかくとして、☆5となる金設計図は要求される数が多く、また入手出来る枚数も少ないため、集中的に同じ海域を周回しなければ非常に長い時間が掛かります。

 

研究で設計図を入手

先日追加されたコンテンツ「研究」でも設計図を入手し、新たな装備を作成することが出来ます。

研究で入手出来る設計図は海域では入手出来ない設計図や高いレア度を誇る設計図が中心となっており、特に海域では入手出来ない設計図で作成することが出来る装備はどれも非常に強力な装備ばかりとなっています。

しかし「研究」のコンテンツの仕様上、研究を完了するには時間が掛かり、入手出来る設計図はランダムとなっていますので、特定の設計図のみ集中して入手することが出来ないため、1つの装備を作成するうえでは非常に長い時間が掛かると言えます。

また、消費する資金の数が最大で8000、キューブだと10個となっているため、今後のイベントで建造が確定が行われることが確定している場合にはやや行いづらいという欠点もあります。

 

イベントで入手

過去の大型イベント「紅染の来訪者」や「鏡写されし異色」、「凛冽なりし冬の王冠」ではイベント限定の装備が交換対象となっており、どれも強力な装備となっていました。

入手出来る期間は限られていますが、ポイントさえ集めていれば必ず入手出来る装備となるので、イベントが実施された場合には是非とも活用したいところ。

 

残しておきたい装備

基本的には装備はレアリティが高ければ高いほど性能が良くなります。

一方で、低レアリティの中でもその装備にしか付与されていない効果がある、高レアリティの装備のほうが癖があり扱いづらいなど、一概にレアリティが低いから全く使えないということではありません。

この項目ではそんな低レアリティでも残しておきたい装備を紹介します。

 

☆3で残しておきたい装備:消火装置

耐久 266
火災被害を20%、発生率を30%下げ、時間を6秒短縮。

装備としては唯一の炎上の被害及び発生率を下げ、炎上時間を短縮する装備。

炎上効果は通常海域序盤ではそれほど脅威では無いものの、終盤になればなるほど大ダメージを与えてくるので厄介なものとなっています。

そのため通常海域10章や11章ではほぼ必須とも言える設備となっており、最低でも前衛艦隊6隻分となる「消火装置」6個は集めておきたいところ。

 

☆4で残しておきたい装備

☆4装備に関しては多くの装備が上位互換となる装備が無い、☆5装備のほうが扱いづらい、上位互換となる☆5装備がイベントでしか入手出来ないなど多くの装備が廃棄しないほうが良い装備となっていますが、その中でも特に廃棄せずに残しておきたい装備を紹介。

SB2C ヘルダイバー

威力 249×3 機銃 2×12.7mm機銃
攻撃速度 11.88s/回 機関砲
航空 25 爆弾 1x2000lb爆弾
2x500lb爆弾

高性能な☆5爆撃機が多い中でも現状トップの評価を受けている「SB2C ヘルダイバー」。

安定性は「BTD-1 デストロイヤー」には敵いませんが、威力に関しては「SB2C ヘルダイバー」の威力に敵う爆撃機が存在せず、特にほとんど移動しないボス等に最高の威力を発揮します。

 

150mmTbtsKC/36連装砲

威力 21×4 火力 25
基本速度 3.00s/回 対空 0
射程 50 射角 120
拡散範囲 25 弾薬 徹甲弾

ベルファスト以外の軽巡洋艦にとってはオススメとなる装備。

特に徹甲榴弾の威力を増加させるスキルを持つ「エディンバラ」にとっては最も相性の良い装備と言えます。

 

406mm三連装砲MK6

威力 156×3 火力 25
基本速度 24.02s/回 対空 0
射程 200 射角 50
拡散範囲 22 弾薬 榴弾

☆5の戦艦主砲は全体的に癖が強い傾向にあり、特に火力を出すことが求められる戦艦にとっては扱いづらいものが多くなっています。

その点では「406mm三連装砲MK6」は☆4装備にも関わらず、ほとんどの戦艦にとって最良の装備と言えるでしょう。

 

天山

威力 240×3 機銃 2×7.7mm機銃
攻撃速度 11.63s/回 魚雷 3x航空魚雷-重桜
航空 25 機関砲

魚雷の発射方法が特徴的なものとなっており、動かないボスには大ダメージを与えやすい天山。

同じ魚雷発射方法を持つ上位互換の攻撃機はイベントでしか入手出来ない「流星」のみとなっているため「天山」は残しておきましょう。

 

廃棄しても良い装備

数が揃っているのであれば、基本的には「消化装置」を除く☆3装備はほぼ全ての装備に上位互換となる装備が在るため、廃棄してしまっても構いません。

特に、キャラクターが初期に装備している装備は三笠が初期から装備している「305mm連装砲T0」以外は、装備としては最低レベルと言える装備で倉庫を圧迫してしまうだけなので廃棄してしまいましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です