【アズールレーン】キャラクターの経験値の効率的な稼ぎ方

スポンサーリンク

 

このページでは、アズールレーンの海域の攻略には不可欠となるキャラクターにレベルを効率的にレベルアップさせる方法を掲載しています。

海域の攻略を行う際に敵艦とのレベル差などによって、攻略が詰まってしまった場合の参考にどうぞ。

 

効率の良い経験値の集め方

 

寮舎を活用しコンディションボーナスと経験値を得る

寮舎に入れておいたキャラクターは一定時間ごとにコンディションが回復していき、コンディション値が一定数以上になると寮舎に配置しているキャラクターしかならないコンディション「絶好調」に変化します。

「絶好調」では「普通」や「不調」時に比べて入手出来る経験値が20%増加。

そのため経験値を効率良く、集める際には寮舎の使用はほぼ必須と言えるでしょう。

なお、寮舎は1階よりも2階のほうが時間辺りに回復するコンディション値が多いため、2階を開放しているのであればレベリングさせるキャラクターは2階に配属することがオススメ。

また、寮舎1階であれば家具の快適度に応じて経験値を一定時間ごとに入手することが出来ます。

入手出来る経験値は総量が決まっており、配置しているキャラクターが多ければ多いほど分配されてしまうので一気にキャラクターを育てたいのであれば1隻のみ配置、満遍なくキャラクターを育てたいのであれば複数隻配置するなど状況に応じてキャラクターを配置しましょう。

 

コンディションの分布

状態 マーク 疲労度 効果
絶好調 120~150 経験値20%アップ
普通 31~120 特になし
不調 30~1 警告が表示
絶不調 0 出撃時親密度ダウン
入手経験値50%ダウン

 

コンディション回復方法

  • 艦船の疲労度は6分毎に回復する
  • 寮舎1階で休憩させた場合は1時間に40ポイントずつ回復し、ケッコンしている場合は50回復する
  • 寮舎2階で休憩させた場合は1時間に50ポイントずつ回復し、ケッコンしている場合は60回復する
  • 疲労度を120以上回復させる場合は寮舎で休憩させる必要がある

 

コンディションが消費される場面

  • 海域に出撃する度に疲労度は2消費される
  • 戦闘不能になってしまった場合は疲労度が消費される(最終的には出撃と合わせて12消費する)
  • 戦闘に入った後にゲームを再起動した場合は疲労度が2消費される。
  • 戦闘不能になった後に再起動した場合は戦闘不能の際に消費される疲労度10は消費されないが再起動時に消費される疲労度2は消費される。
  • ハードモードとノーマルモードで疲労度の消費が変化することは無い
  • プレイヤーのレベルやキャラクターのレアリティ、陣形といった要因で疲労度が消費されることはない

 

大講堂を活用する

大講堂でもレベル100未満のキャラクターであれば経験値を入手することが出来ます。

こちらも寮舎と同じく、入手出来る経験値は総量が決まっており、配置しているキャラクターが多ければ多いほど分配されてしまいます。

ですので、一気にキャラクターを育てたいのであれば「1隻のみ配置」、満遍なくキャラクターを育てたいのであれば「複数隻配置」するなど、状況に応じてキャラクターを配置しましょう。

 

戦闘後の勝利判定はS判定を目指す

戦闘後の勝利判定では最大評価であるS判定を1倍として、それ以下の判定となるA判定やB判定では取得出来る経験値に補正が入ってしまい、S判定の0.83倍しか経験値を入手することが出来ません。

そのため、基本的には経験値を目的とした海域の周回を行うのであれば、S判定を狙っていくことが前提となるでしょう。

 

旗艦ボーナスやMVPを活用する

経験値はコンディションボーナスの他にも、旗艦ボーナスで1.5倍やMVPボーナスで2倍増加します。

旗艦ボーナスは前衛艦隊では取得することが出来ないため、前衛艦隊のキャラクターのレベリングを行う際には活用することは出来ませんが、MVPボーナスは全艦種で取得することが出来るため出来るだけ活用していきましょう。

なお、MVPボーナスを前衛艦隊に取らせたい場合は、単艦で強力な「デューク・オブ・ヨーク」や「ティルピッツ」といったキャラクターが主力艦だとMVPを奪われてしまうことが多々ありますので、火力に関する装備を下位互換のものに変える、装備自体を外すといったことが必要となります。

 

経験値増加スキルを活用する

キャラクターの中にはそのキャラクターと同じ編成にいる特定の艦種のキャラクターの入手する経験値を増加させるスキルを所持しているキャラクターがいます。

それらのキャラクターと対象の艦種のキャラクターを同じに編成することでレベリングの効率は更に良くなるでしょう。

なお、経験値増加スキルを持つキャラクターについては以下のとおりとなっています。

スキル名 スキル効果 所持キャラクター
プロトタイプ 戦闘後、駆逐艦のもらえる経験値が6.0%(最大レベルで18.0%)アップ アマゾン
プロトタイプ・巡洋艦 戦闘後、巡洋艦のもらえる経験値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ 夕張
初期正規空母 戦闘後、航空母艦が貰える経験値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ ラングレー
鳳翔

なお、注意点として、これらの経験値増加スキルを持つキャラクターはどれもキャラクターのステータスとしてはやや弱めに設定されている傾向があります。

そのため、海域ではこれらの経験値増加スキルを持つキャラクターは出来るだけ設備で耐久値や回避値を強化する、前衛艦隊であれば中央に配置するなどして、生存力を高めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です