【アズールレーン】海域攻略!通常海域第4章4-2「血染めの暁」の攻略まとめ

スポンサーリンク

このページでは、アズールレーンの通常海域第4章 4-2「血染めの暁」にて登場する敵艦隊のレベルや、入手出来るキャラクター、設計図の他に攻略の際にオススメのキャラクターや装備などを解説しています。

通常海域第4章 4-2「血染めの暁」の海域攻略を行う際の参考にどうぞ。

 

アズールレーン通常海域第4章4-2「血染めの暁」

マップ図
ステージ説明 夜戦で我軍が多大な損害を受けた!
敵主力艦隊の増援が来る前に激戦海域より離脱せよ!
ステージ開放条件 なし
味方艦隊初期位置 第一艦隊 A4かF1
第二艦隊 A4かF1
道中敵艦隊レベル Lv.38
ボス敵艦隊レベル Lv.39
入手経験値 小型:342
中型:376
大型:414
ボス:505
ボス出現マス D6,F4
ボス出現条件 敵艦隊を3艦隊撃破する(待ち伏せ艦隊を除く)
戦闘☆3条件 敵艦隊を撃破 敵艦隊を120秒以内で撃破 全員戦闘不能にならない
☆3獲得作戦目標 敵中枢艦隊撃破 護衛艦隊撃破(0/15) 全艦隊を撃破
☆3獲得報酬 ダイヤ x50
汎用型ブリx1
ステージクリア報酬 キューブ x1
資金 x300
燃料x50
脅威排除ゲージ上昇率 1回で脅威排除率が35%上昇。3回クリアで脅威排除率100%達成
海域危険度 脅威排除率100%達成後、ステージを3回クリアすることで6%の被ダメージまで軽減
海域補足 D5に?マス

 

第4章4-2「血染めの暁」マップの特徴

マップの形状は4-1「宵闇の死神」とそれほど変わらず、ボス艦隊が出現するD6やF4辺りには進行不可のマスが無いため、途中出現の道中艦隊に邪魔されるということは少なくなっています。

マップ自体はシンプルなものとなっていますが敵艦のレベルはLv.40に迫るものとなっているので、艦隊の強化は必須といえるでしょう。

 

第4章4-2「血染めの暁」で出現する敵艦隊の戦力について

 

道中艦隊

道中ではLv.38の駆逐艦「ノワキ」「カゲロウ」「アヤナミ」や自爆ボート以外にもシールドを所持した重巡洋艦「ナチ」「トネ」「カコ」や巡洋戦艦「ヒエイ」が出現します。

登場するキャラクター自体は4-1「宵闇の死神」とそれほど変わりはありませんが、レベルが高くなっているのでレベルの低いキャラクターは注意が必要となっています。

 

ボス艦隊

4-2「血染めの暁」のボス敵艦隊は、Lv.39の「フルタカ」と随伴艦となるLv.39の重巡洋艦「モガミ」、ザコ艦と自爆ボートとなっています。

「モガミ」自体はシールドを所持していないということもあり、楽に倒すことが出来ますがボス艦である「フルタカ」はシールドを3枚展開しているので、戦艦主砲や魚雷を所持していない場合は厄介な相手。

戦闘中は、自爆ボートも画面上下より突撃してきますので注意が必要となるでしょう。

 

編成について

 

前衛艦隊の編成

前衛艦隊は、シールド持ちの敵キャラクターが多く出現することから、魚雷持ちの駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦がオススメとなります。

例を上げると、初期艦の中では魚雷特化となる「綾波」や軽巡洋艦である「エイジャックス」や「リアンダー」、重巡洋艦では盾役も兼ねて「プリンツ・オイゲン」などとなります。

オススメは魚雷持ちの駆逐艦、軽巡洋艦、重巡洋艦2隻と、自爆ボート対策の副砲持ち軽巡洋艦又は重巡洋艦1隻となります。

 

主力艦隊の編成

主力艦隊の旗艦は、4章以降は戦艦又は巡洋戦艦がオススメ。

空母や軽空母だと自爆ボートや敵艦載機からの攻撃で大破撤退してしまう可能性があります。

それ以外の主力艦に関しては特にオススメはありませんので、艦載機が厄介と感じるのであれば空母や軽空母を、自爆ボートが厄介と感じるのであれば戦艦や巡洋戦艦を編成すると良いでしょう。

 

第4章4-2「血染めの暁」で入手出来るキャラクター

艦種 キャラクター
駆逐艦 サッチャー
オーリック
フート
スペンス
ラフィー
ビーグル
ブルドッグ
フォックスハウンド
ジャベリン
綾波
時雨
不知火
軽巡洋艦 リアンダー
ケーニヒスベルク
カールスルーエ
ケルン
重巡洋艦 ペンサコーラ
ロンドン
シュロップシャー
ノーフォーク
戦艦 テネシー
カリフォルニア
軽空母 ボーグ
ラングレー
ハーミーズ

4-1「宵闇の死神」では新たに入手出来るキャラクターはおらず、他の海域でも入手しづらいキャラクターもドロップしないため、キャラクター目的での周回はオススメしません。

 

第4章4-2「血染めの暁」で入手出来る設計図

レア度 入手可能設計図
☆3 なし
☆4 152mm三連装砲T3設計図
120mm連装砲T3設計図
QF四連装ポンポン砲T3設計図
203mm連装砲T3設計図
150mmTbtsKC/36連装砲T3設計図
☆5 なし

4-2「血染めの暁」で入手出来るオススメの設計図は以下のとおり

  • 120mm連装砲T3:駆逐主砲の中ではトップクラスに扱いやすい装備。
    ただ通常弾属性のため重装甲相手の敵にはダメージが通りづらい。
  • 203mm連装砲T3:2発の榴弾を2セット発射するため相手に全弾当てやすく、性能も高いため重巡主砲としては最終候補に上がるほどの性能を持つ
  • 152mm三連装砲T3:6発の弾を扇状に発射するためダメージは拡散しやすい。
    そのため軽巡洋艦の主砲というよりも戦艦や巡洋戦艦の副砲と利用することがオススメ。

 

第4章4-2「血染めの暁」で入手出来るアイテム

Tech 入手可能設計図
装備パーツ 汎用、艦砲、魚雷、対空砲、艦載機パーツT1~2
装備箱 クロキッド、ヴィスカー、蔵王、クラップ装備箱T1~2
資金 不確定

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です