【アズールレーン】Rキャラがドロップするおすすめ海域をまとめてみた!

スポンサーリンク

 

このページでは、アズールレーンの通常海域のドロップでしか入手出来ないRキャラクターの性能とどの海域でドロップするのかまとめています。

「祥鳳」「白露」「陽炎」などなど、Rキャラクターが何処でドロップするのか分からないといった場合の参考にどうぞ。

 

通常海域のドロップでしか入手できないRキャラクター

 

祥鳳

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
軽空母 3692 中装甲 154 0 0 43 216 244 73 10
スキル1
支援空母
自身の航空攻撃後、前衛艦隊の耐久を3.5%(最大レベルで8.0%)回復する
スキル2
制空支援(改造後)
自身の航空攻撃後、
8秒間自身以外の航空母艦の航空値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ
ドロップする海域
2-2「太陽を隠す暗雲」
2-3 「初陣!珊瑚海」
2-4 「空母対空母」

ゲーム序盤に手に入る軽空母としては希少な前衛回復スキル持ちの「祥鳳」。

ゲーム序盤は敵艦に強力な航空機が出現しないため、活躍しやすいキャラクターと言えますが、演習や海域中盤以降は低耐久であることが祟り、他味方キャラクターをカバーするタイプのキャラクターでありながら、他キャラクターからのカバーが必要となります。

 

白露

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1427 軽装甲 171 56 463 184 130 0 40 8
スキル1
雷撃指揮・前衛
戦闘中、前衛艦隊の雷撃値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ。
同じ種類のスキルの効果は重複しない
スキル2
全弾発射-白露型I
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-白露型Iを行う
ドロップする海域
3-3「背水の戦い」
4-3「東ソロモンにて」
6-2「全面反撃」
7-1「増援阻止」
9-4「ヘレナ」

雷装値と回避値が高く、火力値及び耐久値が低い、ごく一般的な重桜型駆逐艦といえるようなステータスとなっており、これといった特徴も無いことが特徴と言えるキャラクターとなっています。

味方艦隊の雷装値を強化するスキル「雷撃指揮・前衛」を所持しているものの、「白露」自身がそれほど強力なステータスでは無く、スキル自身も大幅に艦隊を強化するものではないため、他のR駆逐艦と比べると埋もれがち。

そのため、海域攻略を行う際に活用できるキャラクターというよりはあくまでも図鑑埋めのためのキャラクターと言えるでしょう。

 

陽炎

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1571 軽装甲 175 56 466 186 130 0 169 8
スキル1
雷撃指揮・前衛
戦闘中、前衛艦隊の雷撃術値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ。
同じ種類のスキルの効果は重複しない
スキル2
次発装填
魚雷発射時15.0%(最大レベルで30.0%)で2回発射する
スキル3
全弾発射-陽炎型I
自身の主砲で15回 (IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-陽炎型Iを行う
ドロップする海域
3-3「背水の戦い」
3-4「最後の反撃」
4-3「東ソロモンにて」
7-4「予想外の混乱」
9-2「迎撃作戦」
9-4「ヘレナ」

R駆逐艦としてはトップクラスの雷装値となっており、味方の雷装値を上げるスキル「雷撃指揮・前衛」に、確立で魚雷を2回発射する「次発装填」と魚雷面に関しては抜かりのない性能といえます。

一方で火力値に関しては非常に低いものとなっており、主砲攻撃に期待することは出来ません。

そのため敵艦が大量に出てくる道中よりもボス戦など1隻のみを相手する戦闘などで力を発揮するキャラクターと言えるでしょう。

 

妙高

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
重巡洋艦 4746 中装甲 142 171 130 36 168 0 0 10
スキル1
我が身を盾に
20秒毎10.0%(最大レベルで40.0%)で発動。
8秒間前衛が受けるダメージの50%を引き受ける。同じスキルの効果は重複しない
スキル2
全弾発射-妙高型Ⅰ
自身の主砲で9回(IIで6回)攻撃する度に、全弾発射-妙高型Ⅰを行う
ドロップする海域
5-1「輸送阻止作戦」
10-1「二度目の出撃」

重巡洋艦としては最高クラスの耐久値と回避値となっているものの、一方で火力及び雷装値は重巡洋艦としては最低クラスという非常に極端なステータスとなっています、

また、スキルに関しては最大40%の確率で発動し、8秒間、前衛艦隊の受けるダメージを50%肩代わりするという「妙高」独自のスキルである「我が身を盾に」から分かるように、相手の攻撃を受けることが役目となる盾役に最適のキャラクターと言えます。

ただし、味方の受けるダメージがどれだけ高くても50%も肩代わりしてしまうため軽巡洋艦や重巡洋艦のダメージの肩代わりとなると受けるダメージもかなり多くなってしまうため、やや力不足な面が目立つようになります。

そのため、「妙高」を盾役として前衛艦隊で活用するのであれば軽巡洋艦や重巡洋艦を中心とした編成にするよりも、回避値の高い駆逐艦を中心に編成し「我が身を盾に」を利用するのはあくまでも最終手段という形にしておくと良いでしょう。

 

那智

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
重巡洋艦 中装甲 4746 142 171 130 36 168 0 0 10
スキル1
我が身を盾に
20秒毎10.0%(最大レベルで40.0%)で発動。
8秒間前衛が受けるダメージの50%を引き受ける。
同じスキルの効果は重複しない
スキル2
全弾発射-妙高型Ⅰ
自身の主砲で9回(IIで6回)攻撃する度に、全弾発射-妙高型Ⅰを行う
ドロップする海域
8-3「氷の荒波」
8-4「忘れられし戦場」
10-1「二度目の出撃」

性能は「妙高」と同じく、重巡洋艦としては最高クラスの耐久力に最低クラスの火力と雷装、そして味方前衛艦隊が受けるダメージを肩代わりするスキル「我が身を盾に」の構成となっており、駆逐艦といった耐久力を回避値でまかなっているキャラクターの壁として利用することが出来ます。

ただし、「妙高」と同じく、軽巡洋艦や重巡洋艦は駆逐艦と比べると受けるダメージ量が上がってしまうので軽巡洋艦や重巡洋艦の壁役としては力不足。

軽巡洋艦や重巡洋艦中心の編成には組み込みづらいキャラクターと言えるでしょう。

 

ラドフォード

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1712 軽装甲 175 75 249 175 150 0 8
スキル1
火力全開
20秒毎30.0%(最大レベルで60.0%)で発動。
10秒間自身の火力が20.0%(最大レベルで40.0%)アップ
スキル2
全弾発射-フレッチャー級I
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、
全弾発射-フレッチャー級Iを行う
ドロップする海域
9-2「迎撃作戦」

同型艦である駆逐艦「ジェンキンス」や「フレッチャー」と似たような性能で火力値、耐久値、対空値は駆逐艦の中でも高いものの、一方で雷装値と回避値は引くいといういかにもユニオン所属の駆逐艦というような性能となっています。

特筆すべき点は全艦の中でもトップクラス速力。

駆逐艦「チャールズ・オースバーン」と艦隊を組み、「ビーバーズエムブレム」を装備させることで最早制御が難しいまでの移動速度を得ることが出来ます。

 

ジェンキンス

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1733 軽装甲 175 75 249 175 150 0 8
スキル1
火力全開
20秒毎30.0%(最大レベルで60.0%)で発動。
10秒間自身の火力が20.0%(最大レベルで40.0%)アップ
スキル2
全弾発射-フレッチャー級I
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、
全弾発射-フレッチャー級Iを行う
ドロップする海域
9-2「迎撃作戦」

駆逐艦「ジェンキンス」も駆逐艦「ラドフォード」と同じく、高火力、高耐久、高対空で低雷装、低回避値といかにもユニオン所属の駆逐艦といった性能となっています。

 

ホノルル

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
軽巡洋艦 3076 軽装甲 157 142 0 73 270 0 98 9
スキル1
火力全開
20秒毎30.0%(最大レベルで60.0%)で発動。
10秒間自身の火力が20.0%(最大レベルで40.0%)アップ
スキル2
全弾発射-ブルックリン級I
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、
全弾発射-ブルックリン級Iを行う
ドロップする海域
10-2「先制攻撃!」

全体的にまとまったステータスとなっており、レアリティがRのキャラクターとしては弱点らしい弱点が無いため、扱いやすい性能となっている軽巡洋艦。

副砲を装備出来るため、自爆ボートも対処出来るキャラクターとなっていますが入手出来るステージが10-2「先制攻撃!」のみという点が難点。

 

川内

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
軽巡洋艦 1733 軽装甲 175 75 249 175 150 0 8
スキル1
水雷戦隊
自身が戦闘可能である限り、
同じ艦隊の駆逐・軽巡の雷装と装填が3.0(最大レベルで15.0%)アップ
スキル2
照明弾(改造後)
戦闘開始10秒と20秒毎に20%(最大レベルで40%)で10秒間、
効果範囲内にいる敵の回避率を25%ダウンさせる照明弾を使用する。
同じスキルの効果は重複しない。
(照明弾は一番近い敵へ優先して発射される)
スキル3
全弾発射-川内型I
自身の主砲で12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-川内型Iを行う
ドロップする海域
11-3「海上騎士団」

さながら神通の下位互換とも言える性能となっており、燃費はレアリティがRのため減っているものの、その分、全体のステータスも下がっており、特に耐久値に関してはノーマル軽巡洋艦を下回るレベルでかなり脆い部類のキャラクターとなっています。

改造を行うことで幾分か耐久値は補強されるものの、それでも致命的な脆さとなっているため、運用する場合は何らかのカバーが必要となるでしょう。

 

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1456 軽装甲 183 52 448 188 130 0 152 8
スキル1
第六駆逐隊・
暁、響、雷と一緒に出撃する時、
自身の火力、雷装、装填値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ。
同じ種類のスキルの効果は重複しない
スキル2
全弾発射-暁級I
自身の主砲で12回(IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-暁級Iを行う
ドロップする海域
8-1 「極北の風」

キャラクターの性能としては雷装値と回避値が高く耐久値と火力が低い典型的な重桜陣営駆逐艦といえるようなステータスとなっています。

スキル「第六駆逐隊・電」は現状では駆逐艦「響」が実装されていないため対象となるキャラクターは「暁」と「雷」のみとなっているため、運用するのであれば「暁」と「雷」と一緒に出撃させることが最もオススメとなるでしょう。

入手出来るステージが8-1 「極北の風」のみとなっているため、やや入手しづらい点が難点。

 

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
駆逐艦 1456 軽装甲 183 52 448 188 130 0 152 8
スキル1
第六駆逐隊・
暁、響、電と一緒に出撃する時、
自身の火力、雷装、装填値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ。
同じ種類のスキルの効果は重複しない
スキル2
全弾発射-暁級I
自身の主砲で12回(IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-暁級Iを行う
ドロップする海域
8-2「北極圏の朝霧」

ステータスは姉妹艦である「電」と全く同じとなっており、スキルに関しても名前こそ微妙に違えど、対象となるキャラクターは第六駆逐隊に所属している「暁」と「響」、「電」となっているため使用感は「電」と全く同じと言えます。

「電」と同じく前衛艦隊は「暁」と「電」をセットで運用することが最も性能を発揮出来る方法となっているため、編成の自由度が低い点がデメリット。

また入手出来るステージが8-2「北極圏の朝霧」のみとなっているため、やや入手しづらい点も難点と言えるでしょう。

 

扶桑

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
戦艦 5912 重装甲 120 349 0 13 193 0 0 13
スキル1
砲火制圧
戦闘中、自身の火力値が10.0%(最大レベルで20.0%)アップ
スキル2
予備攻撃隊(改造後)
航空攻撃後、航空弾幕Lv.1(最大10)を発動する。
1度の戦闘中に1回しか発動できない
ドロップする海域
6-2「全面反撃」
6-3「巨砲最後の戦い」
6-4「ソロモンの悪夢」

戦艦としては他の同レアリティ戦艦と比べると耐久値は同等かやや低めとなっており、対空値は致命的な低さとなっています。

一方で火力に関しては元の数値自体はそれほどでは無いものの、スキル「砲火制圧」で大幅に火力値を上昇することが可能で、一気にSSR戦艦並の火力を得ることになります。

改造を行うことで艦種は「戦艦」から「航空戦艦」に改造することも可能。

改造を行うことで艦載機を搭載させることが可能となりますが、主砲の威力は下がってしまい、副砲が装備できなくなるなどのデメリットもあるため、改造を行うかは熟考する必要があるでしょう。

 

山城

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
戦艦 6246 重装甲 120 349 0 13 193 0 0 13
スキル1
砲火制圧
戦闘中、自身の火力値が10.0%(最大レベルで20.0%)アップ
スキル2(改造後)
予備攻撃隊
航空攻撃後、航空弾幕Lv.1(最大10)を発動する。
1度の戦闘中に1回しか発動できない
ドロップする海域
6-2「全面反撃」
6-3「巨砲最後の戦い」
6-4「ソロモンの悪夢」

基本的なステータスは姉妹艦である「扶桑」と変わりありませんが、耐久値のみ「扶桑」よりもやや高め。

スキルも変わりなく、スキル「砲火制圧」で大幅に火力値を上昇することが可能で、一気にSSR戦艦並の火力を得ることになります。

改造を行うことで艦種は「戦艦」から「航空戦艦」に改造することも可能。

改造を行うことで艦載機を搭載させることが可能となりますが、主砲の威力は下がってしまい、副砲が装備できなくなるなどのデメリットもあるため、改造を行うかは熟考する必要があるでしょう。

 

五十鈴

アイコン 艦種 耐久 装甲 装填 火力 雷装 回避 対空 航空 対潜 消費
軽巡洋艦 2844 軽装甲 153 104 191 76 304 0 87 9
スキル1
対空配置
対空射撃25%で発動、3秒間自身の対空値が20.0%(40.0%)アップし、
火力値が40.0%(最大レベルで20.0%)ダウンする
スキル2
全弾発射-長良型I
自身の主砲で12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-長良型Iを行う
ドロップする海域
7-3「奇襲」

重桜陣営の前衛艦隊としては唯一とも言える「対空性能」を持っており、その対空性能は全艦の中でもトップクラス。

重桜艦隊を組んでいる時に、空母による攻撃が激しい海域を攻略する場合はほぼ必須と言えるでしょう。

 

まとめ

以上、アズールレーンの通常海域のドロップでしか入手できないRキャラクターのまとめでした。

「祥鳳」「白露」「陽炎」などなど、Rキャラクターをドロップする際のご参考としてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です