【アズールレーン】中型イベント「月夜の開幕曲」攻略まとめ

スポンサーリンク

2018年7月17日 メンテ後~7月24日 23:59 までの間、開催されるアズールレーンの期間限定中型イベント「月夜の開幕曲」についてのイベント報酬や任務内容、イベントのポイントを解説するページとなっています。

アズールレーン期間限定中型イベント「月夜の開幕曲」の攻略を行う際の参考にどうぞ。

 

イベント開催期間

2018年7月17日(火)メンテナンス終了後から7月24日(火)23:59まで

 

イベント内容

イベント期間中の間はイベント海域として「月夜の開幕曲」が、新規実装艦として重巡洋艦「アストリア」「クインシー」「ヴィンセンス」が実装されます。

 

イベントステージ「月夜の開幕曲」について

イベント「月夜の開幕」の海域として実装される「月夜の開幕曲」はSP-1~SP-3までの全3ステージで構成されており、難易度はノーマルモードのみ、敵艦隊のレベルは33~55までとなっています。

難易度としてはこれまで開催されてきた中型や大型イベントの中でも最も低いものだった「栄光なる最終戦」と同レベルとなるため、ほとんどのプレイヤーはクリアすることが出来るでしょう。

 

「月夜の開幕曲」任務内容

任務内容 報酬
SP1をクリア キューブx1
資金x600
SP2をクリア キューブx1
資金×600
SP3をクリア キューブx2
資金×1500
SP1の☆3を達成 駆逐改造図T2x1
SP2の☆3を達成 駆逐改造図T3x1
SP3の☆3を達成 重巡洋艦「アストリア」
敵艦を100隻撃破(特殊任務1) 駆逐改造図T2x1
中枢艦隊3回撃破(特殊任務2) 駆逐改造図T2x2
デイリー海域3回クリア(特殊任務3) ヴィンセンス
累計ログイン日数1日 燃料x500
累計ログイン日数2日 資金x1000
累計ログイン日数3日 クインシー

任務内容はイベントステージクリアとイベントステージにて全ての任務をクリアし☆3を習得するイベントステージと関連した任務とイベントステージとは関連していない特殊任務に分類される2種類の任務があります。

通常のイベント任務は任務画面より達成することが可能となっていますが、特殊任務はバナーに表示されている「月夜の開幕曲」のイベントバナーをタップすることで表示されるイベントページより達成することが可能となっています。

イベント期間は1週間と非常に短くなっていますが、これまでの中型イベントにあったSP-3を規定回数以上周回するという任務が無くなっており、どれもクエスト内容はとても簡単なものとなっているため、苦労することは無いでしょう。

ただし、累計ログイン数3日を達成するには最低でも7月22日からは連続でログインする必要があるため、その点には注意が必要となります。

 

イベントステージ一覧

No. ステージ名 道中レベル ボスレベル ボス名 必要撃破数
SP1 月夜の警報 30~32 34 カコ
キヌガサ
4
SP2 受難の三姉妹 40~42 44 フルタカ
アオバ
4
SP3 色あせない絆 50~52 54 チョウカイ 5

「月夜の開幕曲」のイベントステージとして実装されるSP1「月夜の警報」、SP2「受難の三姉妹」、SP3「色褪せない絆」の難易度は通常海域としては3~5章程度の難易度となっているため、多くのプレイヤーがクリア出来るような難易度となっています。

SP3「色褪せない絆」のみボスを出現させるために必要な撃破数が5となっているため、敵艦とのレベル差があまり無いのであれば第二艦隊を運用する必要がありますが、味方艦隊のレベルが90前後あるのであれば弾薬切れの艦隊でも押し切ることが可能でしょう。

 

イベントのポイント

イベント海域として実装される海域「月夜の開幕曲」は先述したように敵艦のレベルが33~55までとなっているため、大型イベントである「紅染の来訪者」や「凛冽なりし冬の王冠」はおろか、過去に中型イベントとして開催された「アドミラル・グラーフ・シュペー追撃戦」よりも難易度が低いものとなっています。

任務内容にこれまでの中型イベントであったようなSP-3を規定回数以上クリアするという任務も無く、更にイベント海域では新たに追加されたキャラクターがドロップすることも無いため、イベント目的で海域を周回する必要はありません。

 

一方で、イベント海域では同レベル帯の通常海域どころか、現状実装されている通常海域12章と比べて見ても圧倒的にドロップする設計図の質が良くなっているため、設計図目的であれば通常海域を周回するよりもこちらのイベント海域を周回するほうが良いでしょう。

同中艦隊による襲撃や航空機による襲撃も無いため、スムーズにマップをクリアでき、設計図周回を行うのであれば非常にオススメ出来るマップと言えます。

 

だだし、相手のレベルがかなり低く設定されているため、入手出来る経験値があまり高くないことから、計画艦開発の任務「戦術データ収集I/II」をクリアするために周回することは推奨出来ません。

イベント海域でドロップするキャラクターも通常海域とほとんど同じのため、こちらも経験値目的の際と同じくオススメ出来るようなマップでは無いといえます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です