【アズールレーン】重巡「アドミラル・グラーフ・シュペー」の装備やステータスなどの評価をまとめてみた!

スポンサーリンク

このページでは「アドミラル・グラーフ・シュペー追撃戦」で実装された重巡「アドミラル・グラーフ・シュペー」のステータスや評価をまとめています。

「アドミラル・グラーフ・シュペー」のスキルの内容や相性の良いキャラクターといった活用方法を紹介していますので是非参考にどうぞ。

 

アドミラル・グラーフ・シュペーの基本情報

プロフィール
名前 アドミラル・グラーフ・シュペー
レア度 SR
艦種 重巡
陣営 鉄血
建造時間 01:55:00(期間限定)
CV 渕上舞
イラスト 不可燃物
自己紹介 鉄血海軍ドイッチュラント級装甲艦三番艦、アドミラル・グラーフ・シュペー。
ロイヤルの巡洋艦の攻撃を受け、モンテビデオ港に逃げ込んだが、最後は自沈した……
指揮官、今度は最後まで――戦い抜くよ!
簡易評価
  • 重巡キャラクターの中ではトップクラスの火力
  • 駆逐艦、軽巡洋艦に対しての特攻スキル持ち
  • ドイッチュラント級専用の主砲が装備可能
  • 火力に全振りとも言えるステータスとなっており、耐久性に不安が残る

 

アドミラル・グラーフ・シュペーのステータス

耐久 750~3877 装甲 中装甲 装填 64~152
火力 55~261 雷装 40~188 回避 7~18
対空 29~134 航空 0~0 消費 3~11

 

ステータスの評価

姉妹艦である「ドイッチュラント」と同じく、史実のように重巡洋艦という枠の中に無理やり戦艦を詰め込んだような性能となっています(史実でも実質的な戦力は戦艦クラスなものの、他国を刺激しないように「装甲艦」と言い張っていた)。

そのため、火力値は前衛艦の中では姉妹艦である「ドイッチュラント」と一緒に、重巡洋艦はおろか他の全ての前衛艦を大きく突き放し、1位と2位を独占、雷装値も重巡洋艦の中では高い数値となっています。

一方で、「ドイッチュラント」よりかは耐久値は幾分かマシになっているものの、回避値の低さとマスクデータである航速の遅さはもはや「致命的」とも言える数値となっており、「ビーバーズエムブレム」や「改良型缶」等の回避や速力を上げる装備で何らかのサポートを行う必要があります。

スポンサーリンク

 

アドミラル・グラーフ・シュペーの装備/装備補正

装備枠 初期装備 補正(MIN/MAX) 最大数
重巡主砲 283mmSKC28三連装砲T1 110%/140% 1
魚雷 130%/130% 2
対空 100%/100% 1
設備
設備

 

装備/装備補正の評価

重巡主砲の装備補正は、他の重巡洋艦と比べてもやや高めの数値となっており、「アドミラル・グラーフ・シュペー」の火力をいかんなく発揮できるものとなっています。

一方で、魚雷装備の補正率は、魚雷を装備できる重巡洋艦の中ではかなり低めです。

そのため、他に魚雷の装備補正が高いキャラクターが編成内に入るのであれば、魚雷装備はそちらを優先しても構わないでしょう。

装備に関しては、「283mmSKC28三連装砲」を装備することができる点が大きな特徴となっており、「283mmSKC28三連装砲」は、現状では「ドイッチュラント」と「アドミラル・グラーフ・シュペー」の2隻しか装備することできません。

「283mmSKC28三連装砲」の砲撃時には、他の前衛艦の主砲とは異なり、砲弾が戦艦主砲のように山なりに相手に飛んでいく投射型になっています。

着弾地点の攻撃範囲も広く、投射のため、相手のシールドを無視して攻撃できますが、射程内にいる相手で最も遠い相手を狙うという特性があるので、やや癖がある装備といえるでしょう。

 

アドミラル・グラーフ・シュペーのスキル

 

スキル1:ポケット戦艦

アイコン スキル効果
駆逐、軽巡に与えるダメージが15%(最大レベルで35%)アップ

敵駆逐艦と軽巡洋艦に与えるダメージを最大で35%アップさせるスキルで、「アドミラル・グラーフ・シュペー」が他のキャラクターに大きなアドバンテージを取れるスキルとなっています。

スキルの発動条件上、駆逐艦や軽巡洋艦が多く出現する通常海域にて力を発揮しやすく、一方で、様々な艦種が入り混じっている演習では扱いづらいスキルといえるでしょう。

 

スキル2:全弾発射-ドイッチュラント級I

アイコン スキル効果
自身の主砲で9回(IIで6回)攻撃する度に、全弾発射-ドイッチュラント級Iを行う

全弾発射時は、「アドミラル・グラーフ・シュペー」の前方にくの字型に大量の徹甲弾を発射、直後に放射型に大量の通常弾を発射するものとなっており、攻撃範囲は非常に大きくなっています。

徹甲弾の発射形状は固定されているものの、通常弾の発射形状は真正面に撃ったり、下方向に撃ったりと、かなり不安定。

そのため、全弾発射スキル発動時できるだけ、相手との距離を詰めることが有効な策といえるでしょう。

 

おすすめの編成

 

空母「グラーフ・ツェッペリン」

「グラーフ・ツェッペリン」と同じ艦隊に編成されている鉄血陣営のキャラクターの防御力を上げるスキル「鉄血の翼」を所持しているため、「アドミラル・グラーフ・シュペー」の耐久力を幾分か補うことが可能です。

鉄血艦隊を編成するうえでは必須と言えるでしょう。

 

重巡「プリンツ・オイゲン」

重巡洋艦の中でも圧倒的な硬さを誇る「プリンツ・オイゲン」。脆い「アドミラル・グラーフ・シュペー」の前方に配置することで盾の役割となり、ある程度のダメージは「プリンツ・オイゲン」が防いでくれます。

しかし、重巡を2隻編成することになるので速力に関しては、最後の1隻は駆逐艦を編成するなど工夫する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です