【アズールレーン】綾波(綾波改)の装備や編成など評価をまとめてみた!

スポンサーリンク

このページでは、アズールレーンの駆逐艦としては最高クラスの性能を持つ重桜陣営駆逐艦「綾波」と「綾波」の改造後の姿である「綾波改」のステータスやスキルといった性能を解説したページとなっています。


駆逐艦「綾波」を今後育てようと思っている方や育てるか迷っている方はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

駆逐艦「綾波」とは

 

駆逐艦「綾波」のステータス

耐久 1498 装甲 軽装甲 装填 186
火力 57 雷装 463 回避 188
対空 127 航空 0 消費 8
対潜 183

雷撃を重視した駆逐艦が多い重桜型駆逐艦の中でも特に雷撃に特化した駆逐艦「綾波」。

基礎ステータスである雷装値は駆逐艦の中でもトップクラスに位置しており、入手しやすい駆逐艦の中ではトップと言えるでしょう。

ただし、雷装値が高い反面、耐久値や火力値はやや低めとなっており、魚雷攻撃以外は不安定という面もあります。

 

駆逐艦「綾波」の装備/装備補正

装備枠 初期装備 補正(MIN/MAX) 最大数
駆逐主砲 127mm連装砲T1 75%/80% 1
魚雷 140%/160% 2
対空 70%/75% 1
設備
設備

重桜型駆逐艦としては典型的な主砲と対空砲の装備補正率が低い倍率、魚雷が非常に高い倍率となっており、魚雷にステータスを全振りしていると言えるでしょう。

主砲に関しては火力の高い駆逐主砲で主砲ダメージの低さを補うよりも、発射サイクルの短い駆逐主砲を用いて、後述するスキルの強化を行うほうがオススメ。

 

駆逐艦「綾波」のスキル

 

スキル1:鬼神

アイコン スキル効果
発砲時5%で発動。12秒間自身の雷撃が30%(最大レベルで60%)アップ。

元々高い綾波の雷撃の威力を更に上昇させるスキル。

威力が最大で60%増加と非常に強力なスキルとなっていますが、一方で発砲時に5%と発動確率はかなり低めとなっているため、主砲は威力よりも攻撃サイクルが短いものを装備させる必要があります。

ただし「鬼神」が発動した際にはSSR駆逐艦である「夕立」を超える雷装値となるため、見返りは非常に大きいスキルと言えるでしょう。

 

スキル2:全弾発射-綾波

アイコン スキル効果
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-綾波Iを行う

主砲攻撃10回ごとに「綾波」の前方に∞のような形に弾幕を発射します。

こちらもスキル「鬼神」と同じく主砲攻撃がトリガーとなっているため、全弾発射スキルの観点から見ても主砲は威力よりも攻撃サイクルが短いものがおすすめとなっています。

 

駆逐艦「綾波改」

駆逐艦「綾波」のステータス

耐久 1663(+165) 装甲 軽装甲 装填 201(+15)
火力 67(+10) 雷装 523(+60) 回避 208(+20)
対空 127 航空 0 消費 8
対潜 183 ()内は改造前から上昇した数値

雷装値の上昇率は凄まじいものとなっており、駆逐艦の中でもトップ3の数値となっています。

また、対空値と対潜値以外の全ての数値も改造によって上昇しており、欠点だった耐久力の低さも耐久値や回避値の上昇によってある程度改善、装填値も上昇したため、主砲、魚雷、スキル全てにおいて攻撃力が上昇しています。

改造前とは異なり、非常に扱いやすい駆逐艦になったと言えるでしょう。

 

駆逐艦「綾波改」の装備/装備補正

装備枠 初期装備 補正(MIN/MAX) 最大数
駆逐主砲 127mm連装砲T1 85% 1
魚雷 165% 2
対空 75% 1
設備
設備

改造前と比べると主砲と魚雷の装備補正率が僅かに上昇した程度で大きな変化はありません。

そのため、基本的には改造跡も改造前と同じく主砲は火力よりも発射サイクルを優先したものがオススメとなり、魚雷は最高クラスの装備を装備させるようにしましょう。

 

駆逐艦「綾波改」のスキル:鬼神演舞

アイコン スキル効果
20秒毎に40.0%(最大レベルで70.0%)で発動。
キシンモードになり、強力な弾幕を放ち、5秒間自身回避が30%アップする

「綾波」は最後の改造となる「戦術啓発」にて新たなスキルとして「鬼神演舞」を習得します。

「鬼神演舞」では発動直後、綾波の前方にほぼ真っすぐに飛ぶ主砲攻撃と直線上に進む魚雷2本とゆるやかにクロスするように進む魚雷2本、その後ろに更に前方でクロスする2本の魚雷を発射し、5秒間、回避率が30%アップする効果を「綾波改」に付与します。

耐久力にやや難があり雷装値が非常に高い「綾波改」にとっては非常に相性の良いスキルといえ、「綾波改」が駆逐艦の中でもトップクラスの評価を得ている理由の一つと言えるスキル。

スキル強化を行うことで主砲や魚雷の威力や回避率が上昇するわけではないため、スキル強化を行う前の発動率については過信は禁物。

ただし、スキルの強化を行うのは雷撃の威力を大幅に上げるスキル「鬼神」が非常に強力なスキルということもあり、「鬼神」の強化が完了してから「鬼神演舞」の強化を行うという順番がオススメとなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です