【アズールレーン】戦艦「日向」の装備やステータスなど評価をまとめてみた!

スポンサーリンク

このページでは「紅染の来訪者」で実装され、「紅染の来訪者・復刻版」で復刻実装された戦艦「日向」のステータスや評価をまとめています。

戦艦「日向」のスキルの内容や相性の良いキャラクターといった活用方法を紹介していますので、是非参考にどうぞ。

 

戦艦「日向」の基本情報

プロフィール
名前 日向
レア度 R
艦種 戦艦
陣営 重桜
建造時間 04:25:00(期間限定)
CV 渡辺明乃
イラスト kisetsu
自己紹介 伊勢型戦艦二番艦日向――姉さんと同じくあまりめぼしい戦果は無いけど……
重桜の戦艦はみんなそうだろ?なーなんとか、やーなんとかも同じだろ!
私たちの設計の問題じゃ……とにかく、突っ込むのはいいけど、
今に見ていろよ、絶対に役に立ってみせるからな!
簡易評価
  • 現状実装されているキャラクターの中では貴重な重桜陣営の戦艦
  • 基礎ステータスの火力は戦艦の中では並なものの、スキルによる強化が凄まじい
  • 今後、史実に基づくのであれば航空戦艦への改造が控えている
  • 装備補正がやや控えめ

 

戦艦「日向」のステータス

耐久 1181~6105 装甲 重装甲 装填 52~123
火力 76~357 雷装 0~0 回避 5~13
対空 43~200 航空 0~0 消費 4~13

 

ステータスの評価

基礎ステータスに関しては耐久、装甲、火力、雷装、対空全てにおいて実装されている全戦艦の丁度平均を取ったようなステータスとなっており、特徴のあるステータスにはなっていません。

ステータス面では扱いやすい戦艦にはなっていますが、悪く言ってしまうと特徴が無い戦艦とも言えます。

しかし「日向」が強力とされている点は、後ほど説明するスキルにあり、戦艦のため他の艦種と比べると高い火力を更に高くすることが可能なため、特に戦艦「三笠」を旗艦とした重桜艦隊を編成するうえでは、非常に重要なポジションとなるでしょう。

 

戦艦「日向」の装備/装備補正

装備枠 初期装備 補正(MIN/MAX) 最大数
戦艦主砲 356mm連装砲T1 105%/135% 3
駆逐主砲
軽巡主砲
180%/180% 3
対空 25mm三連装対空機銃T1 80%/80% 1
設備
設備

装備補正は、戦艦主砲は平均的な補正率と言えるものの、副砲となる「駆逐主砲/軽巡主砲」と「対空砲」に関しては他戦艦と比べると控えめになっています。

特に、副砲に関しては、姉妹艦である「伊勢」と比べても20%低くなっています。

そのため、副砲の装備補正に関しては、他の戦艦と比べるとあまり見込めません。

 

戦艦「日向」のスキル

 

スキル1:砲術指揮・主力

アイコン スキル効果
戦闘中、主力艦隊の火力値が5.0%(最大レベルで15.0%)アップ。
同じ種類のスキルの効果は重複しない

戦艦「日向」の1つ目のスキルは、味方主力艦隊の火力値を最大で15%アップさせるというもので、このスキルは姉妹艦である「伊勢」は所持していない「日向」独自のものとなっています。

スキルは出撃時した時点から常に発動し続けるものとなっており、場所を選びませんが上昇させるのは火力値のみとなるため、最大限にこのスキルを利用するのであれば、主力艦隊は戦艦又は巡洋戦艦で固めることが必須となるでしょう。

 

スキル2:砲火制圧

アイコン スキル効果
戦闘中、自身の火力値が10.0%(最大レベルで20.0%)アップ

戦艦「日向」の2つ目のスキルは、「日向」自身の火力を最大で20%アップさせるというもの。

こちらも「砲術指揮・主力」と同じく、出撃した時点から常に発動し続けるスキルのため非常に扱いやすく、「砲術指揮・主力」とスキルが重複するため、「日向」の火力は最大で35%もアップし、最終的には火力値が「481」まで上昇するという非常に凄まじいものとなります。

この火力は現状では、重桜陣営の戦艦の中ではもちろんのこと、全戦艦の中でもトップクラスといえるので、「日向」は良い意味でのレアリティ詐欺といえるでしょう。

 

おすすめの編成

「日向」のスキル「砲術指揮・主力」は主力艦であれば、どの陣営であろうが効果を発揮するので、基本的にはどの戦艦とも非常に相性が良いキャラクターといえます。

そのため今回は、特に相性が良いとされている戦艦「三笠」のみ紹介します。

 

戦艦・三笠

「日向」を起用するのであれば必ず編成させたいと言っても過言ではない「三笠」。

「三笠」のスキル「新生連合艦隊旗艦」の効果は「三笠」を旗艦にすることで重桜陣営の主力艦の火力と装填を最大で20%するというもの。

元々「日向」自身のスキルによって大幅に強化されている火力を更に20%強化し、装填も20%強化することになるので、この時点で既に「日向」の火力は多くの戦艦を追い抜くことになります。

さらに、三笠は主砲攻撃時に最大60%の確率で味方艦隊の戦艦と巡洋戦艦の火力を最大20%上昇させる「丁字戦法」も所持しているので、「日向」の火力は最早敵なしといっても過言ではない状況となるでしょう。

副砲の装備補正率の低さから日向のやや苦手とする自爆ボートの処理も「三笠」は砲撃モーションの速さから得意としているので、「日向」は「三笠」の火力を上げ、「三笠」は「日向」の火力と装填上げと自爆ボート処理の補佐を行うのでWin-Winの関係と言えます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です